開業

よくある相談 《開業・起業・法人設立相談》

開業(起業)したいが、分からないことがいっぱい。

開業・起業を成功させるには「計画」が重要です。「ヒト・カネ・モノ・お客」に関しての「ビジネスプラン」を作成し、最低1年間の「事業計画」を書いてみることで、冷静な判断もできます。民商では、「資金計画」「法人を立ち上げるか個人でいくのか判断」「パソコン記帳」などの相談を行っています。また、「商売を語る会」など先輩業者の経験を聞く交流会も開催し、開業・起業をめざす人に喜ばれています。

◇開業プラン
 開業計画をタテ・ヨコ・ナナメから総合的に検討するためには、開業にあたっての「事業計画」が重要です。事業を自信を持ってはじめるためにも、また、銀行などに融資を申し込む時にも、しっかりとした「ビジネスプラン」をたてましょう。書店で販売されている本を参考にする手もありますが、すでに開業した人や経験豊かな先輩業者の体験は、生きた教材。民商では、「商売を語る会」「商売を聞く会」などを開催しています。

◇開業資金は公的制度融資の活用を
 事業を成功させるためには、資金計画が重要です。自己資金はもちろん、国や東京都・各自治体の「開業資金融資」の活用も有効です。東京都の融資では、自己資金がなくても1000万円まで「無担保・無保証人」で借り入れることができます。借り入れるためには、しっかりした「開業計画」をたてましょう。

株式会社を設立したいが、素人でもできるの?

事業を「個人事業」として出発するか、最初から法人を設立するか迷うところです。それぞれにメリット、デメリットがあり、よく考えてから判断したいもの。取引先との関係や社会的な信用度、法人にするための費用、税金対策、記帳のコストなどなど、よく考えて決めましょう。法人はつくったが、税務署など役所の手続きや税務申告ができていないケースもあります。しっかり考えて結論を出しましょう。民商では、一から相談に応じています。

開業した人や成功している先輩業者の経験を聞きたい。

民商は、経験何十年という先輩業者から最近開業した人まで、業種もさまざま、経験もさまざまな業者が加入しています。「商売を語る会」や「商工交流会」などを通じて、先輩業者の経験を直に聞くことができます。

担保・保証人無しでも開業資金が借りられるのですか?

東京都の融資では、自己資金がなくても1000万円まで「無担保・無保証人」で借り入れることができます。借り入れるためには、しっかりした「開業計画」をたてましょう。